カテゴリー別アーカイブ: Java

JavaでGoogleスプレッドシートを使う


最初に

Javaプログラムで処理した結果をスプレッドシートに出力したかったので、まずクイックスタートをやってみました。

公式ページ

使うのに必要なもの

スプレッドシートを使うにあたって必要な要件です。

  • Java1.7以上
  • Gradle2.3以上
  • インターネットとWebブラウザ
  • Googleアカウント

APIを有効にする

Step1のthis wizardのリンクをクリックする。
「APIを有効にする」の画面が表示される。
「プロジェクトを選択」をクリックする。
「+」アイコンをクリックする。
「新しいプロジェクト」画面に遷移。
「プロジェクト名」を入れ、「作成」ボタンをクリックする。

最初の「APIを有効にする」画面に戻るので、「プロジェクトを選択」から作成したプロジェクトを選ぶ。
G Suite APIsのSheets APIを選ぶ。
有効にするをクリックする。
Google Sheets APIのダッシュボード画面にある「認証情報を作成」をクリックする。

左ペインの認証情報をクリックする。
「OAuth同意画面」のタブを選択する。
メールアドレス、ユーザーに表示するサービス名を入力し、保存ボタンをクリックする。
「認証情報」タブを選択する。
認証情報を作成をクリックし、OAuth クライアントIDをクリックする。
アプリケーションの種類でその他を選択し、作成をクリックする。
「名前」に名称を入れる。
OKボタンをクリックし、ダイアログを閉じる。
JSONをダウンロードするアイコンをクリックしダウンロードする。
ファイルに適当な名前を付けて、Javaプロジェクトのディレクトリに置く。
例)client_secret.json

GradleでJavaプロジェクトを作成

公式ページにはgradleコマンドでプロジェクトを作成していますが、IntelliJ IDEAで作成しました。
Gradleで普通に作れば大丈夫です。

build.gradleのdependenciesに下記を追加します。
compile ‘com.google.api-client:google-api-client:1.22.0’
compile ‘com.google.oauth-client:google-oauth-client-jetty:1.22.0’
compile ‘com.google.apis:google-api-services-sheets:v4-rev478-1.22.0’

次にclient_secret.jsonをsrc/main/resources/に置きます。

実行

公式ページにあるサンプルソースをコピペして実行します。
初回起動時にはブラウザで認証が必要になります。
認証を行えば実行結果を得られます。

以上です。


IntelliJ IDEAでGradleのJavaプロジェクトを始める


IntelliJ IDEAを使ってGradleのJavaプロジェクトを始めるときの備忘録。

プロジェクトの作成

IntelliJ IDEAを起動し、「Create New Project」をクリック。

「Gradle」、「Java」を選択し、Next。

「GroupId」、「ArtifactId」を入れて、Next。
GroupId・・・パッケージ名
ArtifactId・・・プロジェクト名

下記にチェックを入れる。
「Use auto-import」
「Crate directories for empty content roots automatically」
下記チェックは外す。これを外す理由
「Crate separate module per source set」
それで、Next。

「Project name」、「Project location」は適宜入れて、Finish。

Gradleのディレクトリ構成のプロジェクトができる。

ソースの追加

Projectのディレクトリ構成から、
Gradle – src – main – java まで開き、右クリックで、New – Packageを選択。
パッケージ名を入れる。

できたパッケージを右クリックし、New – Java Classを選択。
クラス名を入れる。

適当にプログラムを書く。

クラスの横に実行マークが付いているのクリックする。

さらにダイアログが出て来るのでRunをクリックする。

ビルドが始まり、実行される。
実行結果は、画面下のRunのウィンドウに表示される。

ライブラリ追加

「Project Structure」のアイコンをクリックし、ダイアログを開く。

Libraries – + – From Maven…をクリックする。

コマンドライン引数のパーサをするライブラリargs4jを入れてみます。
開いたダイアログでargs4jを検索します。
テキストボックスにargs4jを入れて、虫眼鏡アイコンをクリックする。
いろんなバージョンが表示されますが、新しいバージョンを選んで、OKをクリックする。

Choose Modulesダイアログで1つだけGradleSampleと出てくるので、OKをクリックする。

Modules – GradleSample – Dependenciesタブにargs4jのライブラリが入っていることを確認する。
OKをクリックする。

args4jを使ってみる

上記手順でライブラリを使えるようになったので使ってみます。
ざっくり書いてみます。

コマンドラインで-fオプションを指定すれば、フィールドhogeに入ります。
IntelliJ IDEAから引数を指定するためにRun Configurationsのダイアログを開きます。
「Program arguments」に「-f」の後、文字列を入れます。

実行すると、オプションに指定した文字列が表示されます。

とりあえず、以上です。